全身脱毛って安くても結構お金かかりますよね

私は以前から結構毛深いのが悩みで、小学生の頃から毛を気にしててカミソリで毛をそってみたり、中学生では脱色してみたり、抜いてみたり、本当に涙ぐましい努力をたくさんしてました。毛に費やした時間はもう把握しきれません。そんな生活に嫌気がさし、大学になってアルバイトを始めてから、TBCに通いだしました。部位は腕全般、足全般から始まり、背中、腰、手足の甲、襟足、お腹、脇、Vラインと徐々に広げていきました。

今だと、全身脱毛ってパックがありますが、私がやっていたころはそういうのはありませんでした。(しらなかっただけかもしれませんが。)もともと毛深いと、本当になくなるまでに時間が掛かります。私のやる気がなかったわけでは決してないのですが、気にならないくらいの毛量になるまで、結構時間がかかりました。ある程度の回数は保障してくれたので、まぁまぁ安心してできましたが、1回1回お金をとられるようなエステだったら、毛が残った状態で嫌気がさして、諦めちゃったんじゃないかな?って思います。それに冬の寒い時期は結構こたえます。冬ですと、いくら暖房がきいているとはいえ、施術前のジェル(これを塗って、肌を冷却した後でようやくレーザーを照射してもらえる)はつらかったです。

けど、もう全然毛は気にならないですし、もともと毛が薄い人って感じになれて大満足です。もともと毛が薄いのが、一番いいですけど、全身脱毛してしまえば、もう気になる個所がなくなるわけで、時間がたくさん取れるときに(学生時代)にやれてよかったです。

全身脱毛 一番安い

VIO脱毛に挑戦!

脇、腕、ひざ下…と脱毛を重ねて来て、ついに一昨年、VIO脱毛へと踏み切りました。
きっかけは自己処理をしたら普通に生えているところと、そって黒くぷつぷつが残る部分が混在し、とても見苦しいVIO脱毛になってしまった事です。
しかも、VIO脱毛は男性のひげ並みに伸びるのが早く、毎日処理をしなくては伸びかけの毛が目立つようになり、しかも皮膚が敏感な部分なので荒れやすく、自己処理は早々に限界を迎えました。

そこで、クーポンサイトで「1年間に6回施術ができる」というクーポンを購入し、町田にあるプラチナクリニックでの脱毛を始めました。
エステサロンではなく医療機関での脱毛であると言う事が魅力でした。
医療機関なので、使えるレーザーの種類がエステと違い、効果が出やすいとの説明にとても惹かれました。確かに、施術から2年経った現在、エステで脱毛した脇よりも医療レーザーで脱毛したVラインは脱毛の効果をより高く保っています。

初回は医師からの説明、診察のようなものがあり、書類等の手続きを経て施術、と言う流れでした。
医師は女性で「本当に美容外科の先生なのだろうか…」と多少心配になるような中性的で肉付きの良い方でしたが、受付や看護師の方はエステサロンのスタッフのような雰囲気で感じよく、美しい方ばかりでした。

VIO脱毛と言う事で、最初は施術に抵抗がありましたが、担当してくれた方は当たり前ですが慣れていますし「VIO脱毛は絶対自己処理じゃなくてレーザーでの脱毛がおすすめ」と言う内容の事を言いながらてきぱきと進めてくれたので、2回目以降は抵抗なく施術を受ける事ができました。

途中他の部位の追加などの勧誘もありましたが、それほどしつこいものではなく、無事6回の施術を終え納得できる効果を得る事ができました。

VIO脱毛

次はTBCでVIO脱毛体験

毎年誕生日前になると届くチケット。TBCの体験チケットです。ニッセンやTカードに加入していると、届く仕組みになっているようです。

わずか1000円で、脇の永久脱毛ができるなんてすごい!お得!!と思い、友人と銀座のTBCに行ってきました。

それぞれ担当の女性がついてくれます。施術前→後の写真をもとに、いろいろ説明をして下さります。その後、施術台に横になって脇の脱毛に入ります。TBCは、針のようなものを毛穴に指して、電流を流して処置します。これは、1本1本を確実に生えなくする仕組みだそうで、全部の毛を処理し終えるまでにかなりの時間がかかるようです。

針を刺すので、チクチク痛い!ヒーヒー言ってしまいました。

10分体験だったのですが、私が施術してもらった場所を見たら、わずか100円玉程度でした(笑)てっきり脇がツルツルになると思っていたのでガックシ。

担当の下いわく、完全に毛がなくなるのは半年から1年は必要で、50万円以上はかかるようでした。

あまりの金額と時間にびっくり。早々とお断りして帰宅しました。

翌日、別の友人にこのことを話すと、友人はTBCで脇を処置し、毛が全く生えてこない状態とのこと。そしてかかった金額は、な・なんと100万円!!脇に100万円ですぞ!衝撃でした。

その後、私は近所の駅ビルにある美容外科で、レーザー脱毛をしました。半年契約で35000円でした。

途中で妊娠してしまったので、行けなくなったのですが、4回ほどは通っており、今でもほとんど生えてきません。私は、TBCよりもレーザー脱毛をお勧めします。

そして次こそは念願のVIO脱毛を体験してみたいと思います!

VIO脱毛

10年前に横浜でワキ脱毛した時の話

10年ほど前に両ワキ脱毛をしました。当時は今ほど脱毛をしている人がいなかったので、どこのサロンに通うと良いなどの口コミも少なく、自宅から通いやすいサロンを見つけて通っていました。
当時は横浜に住んでいたのですが、残念ながらそのサロンはもうなくなってしまったみたいですが、ピエロというサロンでした。

当時そのサロンに合計8回程通ったと思うのですが、だいたい6回程行った段階でほとんどの毛が抜け落ちていたと思います。2回目が終了した後くらいから自分でも分かるくらいにワキの毛がスルット抜け落ちていったのを覚えています。そこのサロンは少人数でやられていたので、脱毛コースが終わる頃には、ほとんどのスタッフさんが顔と名前を覚えて下さっていました。

施術時間は着替えや施術後のクールダウンを含めて30分程だったと思うのですが、その時間スタッフさんが色々と話をしてくださるので、とても楽しく過ごす事が出来ました。定期的に通っていましたが、2ヶ月に1回だったし、施術時間も30分程だったので、脱毛が終わってからの予定も問題なく立てられました。脱毛をし終わってからは服装に気を使ったり、プールや海に行く時にムダ毛の処理を念入りにしなくて済むようになったので、本当に楽になりました。

施術中の痛みも我慢出来ない程の痛さではなかったし、スタッフさんの対応、施術時間や期間、脱毛後の楽さを考えるともっと早く脱毛しておけば良かったとその時思いました。今では当時よりも痛さを感じない施術方法があるみたいなので、いずれは他の部分も脱毛したいなと考えています。

横浜 脱毛サロン

大宮のミュゼで脱毛してきました!

利用した脱毛サロンは「ミュゼ」大宮店です。施術部位は背中、デコルテ、胸、お腹、腕、足、Vライン、足の指など含めて全身です。まず、エステの体験で伺い勧誘などがないか観察しました。毛穴洗浄のコースでした。コースが終了し、やはり多少の勧誘はありましたが、今回は脱毛コースを申し込む予定できていたため、感じはよかったです。

脱毛の施術に関してはまず個室に案内され、前あきのタオルに着替えます。絶妙なタイミングでノックされ施術が始まります。以前別の脱毛にも行きましたがその際は、目にサングラスをしましたがここではサングラスはなくタオルで目を覆うだけでした。冷たいジェルを塗って手から脱毛していきます。たまに冷房が寒かったりしますが相談すると温度は調節していただけます。若い女性が多いため話は弾むので1時間半くらいあっという間でした。終了後は着替えてから待合の椅子へ案内されそこで飴とお茶をいただけます。

メイクルームも別にあるのでメイクのお直しも可能です。お茶を飲みながら毎回エステの勧誘をしつこくされ、毎回断るのに苦労しました。くつろぎにきているのにストレスがたまる一方でした。申込みしたコースは6回¥63000のコースです。

残っている場合は追加料金なし!と記載されていたのですが、6回終わった後も毛は少なくなったものの生えてくるので説明を聞いたところまた同じコースを案内されました。ホットペッパーに書いてある通りではないので、契約時に事前に確認が必要かもしれません。

大宮 脱毛サロン

毎日のスキンケアは大事!

日頃から頬の乾燥やTゾーンのテカリ、吹き出物など肌に関する悩みが多くあり、高価な化粧品を使用したりエステに通うことが出来たら解消できるのに、と思っていました。何年か前に佐伯チズさんの本が話題になっていたので読んでみたら驚きでした。

いつも使っている化粧品の使い方を変えただけで肌の状態が嬉しいくらいに良くなったからです!最初に驚いたのがローションパックです。大きめのコットンを水で濡らして真ん中に少し化粧水を垂らして肌にのせて浸透させる。高価な化粧水じゃなくても肌がしっとり潤います。なので私はドラッグストアで売っている安くて大容量の化粧水を使っています。次につける美容液と最後につけるクリームも同じです。高価なものは香りで癒されるけど、その分お値段もするので保湿力があり値段が手頃の韓国化粧品をインターネットで購入して使ってます。

この順番を守り、次の化粧品を使うまで5分間時間をおくだけで肌がしっとりして、張りも出ました。ローションパックが出来ない時は化粧水をコットンにたっぷりと含ませて数分間パッティングしてます。これだけでも冬場の乾燥には効果があると思います。頬の毛穴も目立たなくなるので続けられます。高価な化粧品を少しずつ使うより、安く手に入るものを惜しみなく使う方がいいような気がします。たまには香りに癒されてみたいと思うこともあるので、自分のお気に入りの香りがする化粧品をみつけてみたいと思います。

オイルクレンジングってどうですか?

私はクレンジングの中ではメーク落としに気を遣っています。化粧品の中では一番、オイルクレンジング選びにはまっています。理由は化粧品が残っていると、吹き出物ができやすく、吹き出物の後は、シミの原因になるためです。しかし、オイルクレンジングと言っても、すべてが同じではなく、オイルクレンジングによってはさらさらしたタイプや濃厚なタイプがあります。

ドラッグストアなどでは、置いている商品が変更になったり、大手の化粧品販売では新商品の開発がさかんで、商品が廃盤になったりすることもあります。気に入ったオイルクレンジングが毎回同じように手に入る保証はないです。気に入った同じものが手に入らなくて、困ったときは、まず、商品のとろみ具合を調べます。空気の動き具合を調べるのです。

中でも、一番空気がゆっくり動くものを選びます。購入した後に、自身の手にアイライナーを付けて、どれだけ落ちるか確かめます。落とす洗浄力が足りない時は、自分で使いやすいように調節します。まず、バージンオリーブオイルを食品コーナーで手に入れます。これは気軽にどこでも手に入るので、安定しています。私はこの食品のオリーブオイルでとろみを調節ています。オリーブオイルは妊婦さんが赤ちゃんに母乳を与えるときに、おっぱいケアで使用するので、安全かつ角質除去にはもってこいです。

しかし、オリーブオイルだけですと、オイルが残りやすいので自分に合った調節をします。調節方法は使用するときにどのくらいとろみを付けるか確認しながら、プッシュ回数で混ぜます。こうすると、価格もお手頃で自分に合ったお気に入りのクレンジングとなります。